NEWS

書籍販売開始のお知らせ


株式会社ニュースパイラル(本社:名古屋市中村区、代表取締役社長:鳥居昇太)は、アマゾン キンドルストアにて、
東京三羽ガラスと呼ばれた二村昭雄氏が著した電子書籍「二村のパス、釜本のシュート―二人の日本代表を生んだ強い絆―」を発売しました。

書籍名:

二村のパス、釜本のシュート

―二人の日本代表を生んだ強い絆―

著:二村昭雄

目次

  • 第一章 サッカーと出会い、熱中の学生時代

    ・野球か、サッカーか
    ・あいつがいるチームが勝つ
    ・上手い選手と勝てる選手
    ・あこがれの全日本ユース代表
    ・山城高校サッカー部に入部
    ・京都の “ 三羽ガラス ”
    ・基本は『止める』、『蹴る』
    ・アジアユース大会で1勝3敗
    ・クラマーさんとの出会い
    ・「釜本ルール」ができた
    ・あの頃の重いボール
    ・早稲田大学「ア式蹴球部」
    ・小柄な1年生レギュラー
    ・「名監督」は薬屋さん
    ・関東学生リーグ、東西対抗で2度優勝
    ・再び、釜本とコンビ
    ・「ツー」といえばパス、「カー」といえばシュート
    ・2年生で「天皇杯全日本選手権」優勝
    ・二村主将の「天皇杯全日本選手権」準決勝
    ・相手チームに釜本がいる!
  • 第2章 私と釜本の特別対談

  • 第3章 選手、指導者、そして「サッカー愛」

    ・社会人トップの東洋工業に入社
    ・骨折…まさかの栄養失調
    ・ピッチの外で、楽しいひと時
    ・対戦相手の怖~い「存在」
    ・「京都招待」で釜本とプレー
    ・騙し合い、駆け引きも楽しみ
    ・日本代表チームで、外国を知る
    ・スウェーデン戦で決めたゴール
    ・10年間の現役生活、今も誇り
    ・育成、指導の道を行く
    ・「札幌マツダ」サッカー部
    ・子どもたちの夢を育む「二村杯」
    ・セレッソ大阪のユース総監督
    ・オシムさんとの「縁」
  • 第4章 日本サッカーへの期待

    ・変わることない基本の大切さ
    ・いろいろな練習がある
    ・『崩し』ができる選手に魅力
    ・海外でのプレー経験、伝えよう
    ・釜本は、ゴールまでの道のりを描く
    ・現れよ、“ 第二の釜本 ”

著者紹介

二村昭雄

(にむら てるお)


【選手歴】
1956年 ー 1958年:京都市立蜂ヶ岡中学校
1959年 ー 1961年:京都府立山城高等学校
1962年 ー 1966年:早稲田大学
1966年 ー 1976年:東洋工業

【監督歴】
1978年 ー 1980年:札幌マツダ監督
1981年 ー 1983年:東洋工業監督
1995年 ー 1997年 : セレッソ大阪下部組織総監督

釜本邦茂の1年先輩として、小中高大と同じ学校に所属。大きくはない体格ながら、ポジショニングの良さや状況判断力などが光るミッドフィルダーとして活躍。
京都山城高校時代から全日本ユース代表に選出され注目されていた。卒業後、早稲田大学サッカー部(当時は ア式蹴球部)に入部。2年時には天皇杯で日立本社(現柏レイソル)を破り大学サッカー部が天皇杯で優勝するという快挙を達成。
卒業後、東洋工業(現サンフレッチェ広島)に所属し黄金時代を形成した。日本代表にも選出され、 国際Aマッチでの得点も記録している。

〇ニュースパイラル 概要https://new-spiral.com/

会社名:株式会社ニュースパイラル
所在地:愛知県名古屋市中村区岩塚町字一里山1-9 萬勇ビル2F


〇お問い合わせ先

株式会社ニュースパイラル公式LINE
https://lin.ee/akb8KnU / TEL:052-419-0202

二村のパス、
釜本のシュート

〇ニュースパイラル 概要

(https://new-spiral.com/)

会社名:
株式会社ニュースパイラル
所在地:
愛知県名古屋市中村区岩塚町字一里山1-9 萬勇ビル2F

〇お問い合わせ先

株式会社ニュースパイラル公式LINE
https://lin.ee/akb8KnU
TEL:052-419-0202